本ページはプロモーションが含まれています イベント・行事

卒業式に親がつけるコサージュは何色がいい?ダメな色はある?

幼稚園、小学校、中学校…と何度かある卒業式。

子供の門出を祝う大切な式なので親もちゃんとした装いで出席したいですよね。
服は用意したけれど・・・コサージュって必要?
何色でもいいのかな?って迷いませんか?

コサージュは必ずつけなければいけないということはありません。
もしつけるのであれば、淡いピンクやイエロー、ホワイト系などの明るい色のコサージュがおすすめです。

ダークカラーのシンプルな服装に華やかさをプラスしてくれます。
卒業式などのハレの日には避けた方がいい色や素材などがあるので紹介します。

卒業式におすすめのコサージュの色は?

黒やグレー、ネイビーなどのダークカラーの服を着ることが多い卒業式には、明るめの色がおすすめです。

淡いピンクやイエロー、オフホワイトなど、優しいパステルカラーのものが華やかさを演出してくれます。

あまり大きすぎるものや、派手な印象のものは避けましょう。
迷った場合は、ホワイト系にすればどの色の服装にも合わせやすいですよ。


卒業式で避けた方がいいコサージュの色は?

黒やグレーなどは喪をイメージさせるので避けた方が無難です。

淡いグレーなどであればいいかもしれませんが、ダークカラーの服には明るい色の方が華やかな雰囲気になります。
原色などの濃いピンクやラメが多すぎるものなど派手なものは避けましょう。

主役は卒業生の子供なので、目立ちすぎるものはよくありません。

>>楽天でコサージュを見てみる


コサージュのおすすめ素材

コサージュには色々な種類があります。

布やフェルトなどで作られたコサージュもありますが、カジュアルすぎるので卒業式や入学式などのおめでたい席にはふさわしくありません。
レースでもチープに見えるものなどはやめた方がいいでしょう。

オーガンジーシルクシフォンなどは高級感があって品がありますよね。
異素材の組み合わせやパールを使ったデザインなども華やかさを演出してくれます。

生花のコサージュ

画像リンク先:楽天

生花のコサージュは、花屋さんやネット通販で前もってオーダーします。
造花にはないみずみずしさや花の香りがする特別なものです。
ただし、生花は時間とともに形が崩れてしまったり、傷んでしまったりすることもあるので取り扱いには注意が必要です。

プリザーブドフラワーのコサージュ

画像リンク先:楽天

プリザーブドフラワーは生花を特殊な加工で長く持たせることができるようにしたものです。
繊細なものなので、長期保存したい場合は色褪せしないように気をつけなければいけません。
式の当日つける際も、取り扱いに注意が必要です。

アートフラワーのコサージュ

画像リンク先:楽天

お店やネットでいちばん多く販売されている造花のコサージュです。
安価なものからちょっとお高いものまで様々です。

兄弟のいる方は、何度か卒業式、入学式に出席しなければいけないですよね。
その度に購入したくない、長く使いたいというのであれば造花のコサージュが一番おすすめです。

コサージュをつける位置は?

画像リンク先:楽天

コサージュをつける位置は左胸の上、鎖骨あたりがおすすめです。
顔まわりに明るい色のコサージュをもってくることで、顔が明るく華やかに見えます。
上の方につければ、人の視線は上にいくのでスタイルアップ効果も期待できますよ。

コサージュをつけない場合は?ブローチがおすすめ

コサージュはちょっと…という方はブローチもおすすめです。
パールのついたものなどは上品で華やかな印象になります。
あまりにキラキラしたものは目立ってしまうので避けましょう。

式の時しか使えないコサージュをわざわざ購入するのはもったいないなぁと迷うなら、普段でも使えそうなブローチを選ぶのもいいですよ。
ただし、カジュアルになりすぎないものにしましょう。

まとめ

コサージュは必ず付けなくてはいけないものではありません。
ですが、喜びの気持ちを表現するものでもあります。
子供へ❝おめでとう❞という気持ちをこめて、つけてみてはいかがでしょうか。

黒などの喪をイメージさせるような色や、派手な目立つ色のコサージュは選ばないようにしましょう。

明るくて淡い色のコサージュなら入学式にも使えます。
卒業式と入学式に違う色のスーツを着るのであれば、どちらにも合う色を選ぶといいですよ。





-イベント・行事
-, ,